洗顔は、泡洗顔がおすすめ!その理由とは?

洗顔をしないスキンケアというのも流行っていますよね。

 

 

お肌の角質層が薄くなり、未熟な角質細胞が表面化してきている不全角化のお肌の方。

 

 

わたしも不全角化の肌状態の方には、洗顔料を使った洗顔をおすすめしておりません。

 

泡洗顔をおすすめする理由とは?

肌状態によっては、洗顔料を使用しない洗顔も必要なスキンケアですが…。

 

お肌に残った古い皮脂は、老化の原因となる過酸化脂質を残すことになってしまいます。

 

 

塗布する化粧品だけをご使用されている場合には、老化角質がたまってしまうこともあります。

 

 

たとえ、洗顔料を使用しないお湯で洗う洗顔方法であっても…。

 

 

お肌は、古い皮脂や新しい皮脂を区別して、洗い落としたり残したりはできません。

 

 

 

そのことを考えますと、健康な肌状態の方には朝と夜の洗顔はスキンケアの基本だと考えています。

 

 

ただし、洗顔料を使用する洗顔は、洗顔方法に注意をしたいところです。

 

 

 

本来、洗顔料の泡はお肌にのせておくだけでも汚れを浮き上がらせてくれます。

 

 

 

たっぷりと泡立つ洗顔料で、その泡を指と顔の間のクッションにした状態で洗うのがポイントになります。

 

 

 

洗顔料を選ぶときの基準は、まず泡立ちのいいものを選ぶこと!

 

…だと、わたしはお伝えしております。

 

 

 

確かに泡の量と洗浄力は、化学的にみれば直接関係はありません。

 

 

 

それでも、わたしは洗浄料の開発においても泡立ち、泡質にはこだわっています。

 

 

 

なぜなら、泡洗顔の優秀なところは、泡とお肌の接触面積がすごく広くなることです。

 

 

 

指だけでは決して届かない肌の凹凸部分や毛穴まで。

 

 

 

きめ細かな泡であればあるほどいき届きます。

 

 

 

“泡洗顔をされる場合は、たっぷりの泡で!”

 

 

 

お肌の弱い人ほど、そのほうが好ましいといえます。

 

 

 

洗顔料の使用量が少ないと洗顔するための泡の量も少なくなることでどうしても擦り洗いになってしまうからです。

 

 

泡がたっぷりあることで、洗浄機能をもった泡の表面積が大きくなり効果的に洗うことができます。

 

 

さらに、キメ細かなしっかりとした泡なら指とお肌の間のクッションになり、お肌への負担も減少します。

 

 

お肌が濡れているときは。お肌のバリア機能は低下しています。

 

 

 

そのことからも、洗顔はなるべく肌に負担をかけず、効果的におこないたいものですね。

 

 

 

卵を割らないように。

 

 

豆腐に触れるように。

 

 

 

そんなイメージで、洗顔を意識されるほうがいいかと思います。

 

 

 

それから、泡洗顔をおこなっているときだけが洗顔ではありません。

 

 

泡をすすぎのときは、ぬるま湯を顔にかけるようにし、お肌をなるべくこすらないようにします。

 

 

 

油分が顔に残っているかどうかは、指のすべりで判断ができるかと思います。

 

 

さらに、洗顔を終えた後、、、

 

 

タオルで拭くときも擦られずにお肌を軽く押すように水気をとるようにします。

 

 

 

洗顔は、自分自身を大切にし、労わる行為です。

 

 

“不要なものを根こそぎ取り除いてやる!”

 

 

 

 

そんな気持ちで力を込めて洗浄されるよりも、、、

 

 

 

毎日、わたしたちを守ってくれているお肌を労わる…。

 

 

お肌への感謝の気持ちを込めて洗顔をおこなってほしいですね。

エイジングケア専用化粧品メーカー株式会社ピギーバックスの化粧品技術者、大川明伸(はるのぶ)です。

株式会社ピギーバックスでは、代表取締役、化粧品開発、そして製造販売元として総括製造販売責任者をしております。

インターネットや化粧品講座では、化粧品がいらない肌に導く化学者として、化粧品の中味のこと、化粧品の選び方、使い方などをお伝えしています。

大川明伸の詳しいプロフィールはこちら

日中16時間!あなたの肌を守り続ける日焼け止めクリーム

紫外線からあなたを守る!
面倒な塗り直しがいらない日焼け止めクリーム

SPF50+ PA++++
紫外線吸収剤完全フリー
日常生活からレジャーまで
その日の紫外線環境に応じて、塗布量で調整できる!

水、汗に強いスーパーウォータープルーフ